スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝食を抜いて細い人は綺麗な身体を持っていない

⇒ 脂肪の燃える身体を作る食事メニューを見てみる


日本人の若い世代はスリムな人が多いのですが、そのスリムが病的な人が多いと言うことで問題視されています。


朝ご飯を抜いて、お昼も菓子パン一つで、夜はお酒の席でちょっとおつまみとお酒。

寝る前に「摂取カロリー低いから大丈夫よ」とばかりにスイーツでホッとして寝る。

翌朝もなんとなくお腹いっぱいだから朝ご飯抜きで出勤・・・。


これ、どうしようもなく不細工な身体が出来上がります。

見た目は細く見えていても、筋肉の少ない脂肪だらけの身体。

全裸になってお風呂に入る前に鏡にうつした自分の横から見た姿、下腹がぽっこり出ていませんか?


これはこれまでのさまざまなダイエット方法に騙されてきた若い女性が結果として手にした体の特徴です。

腕や脚は一見すると細いのですが、長時間立っていると足がすぐにむくんできますし、寝起きの顔はいつもパンパンです。

座って仕事しているはずなのになんとなく貧血感があり、ゆっくりしか立ち上がれません。


良くないダイエット方法とはどんなものがあるのでしょうか?

ネット上で高く売られているダイエット方法には、


「好きなだけ食べていい」といいながら、朝食抜き+夕食のみで、ご飯は食べない鍋料理にして、徹底して炭水化物抜きの生活を送らせる

「甘いものは全く太らないダイエット方法です」といいながら、甘いものはひたすらチョコレートだけに制限する。

「塩分の取りすぎによる水分貯留が体を太らせる」といって、塩分を制限して水をたくさん飲ませる。


そんなわけのわからない内容のものがぞろぞろあります。

本屋さんで売っている本や雑誌の特集にも間違った情報のオンパレードです。

生野菜しか食べないというダイエットや、朝バナナさえ食べればいいとか、トマトだけとか、リンゴだけとか、食事から徹底的に油を抜くとかの非科学的な話が山ほどあります。


そういう不健康な身体を創り出すダイエットを続けていると、体重は少ないけれども、青白くて体力がなく、実は脱いだらスタイルの悪い、若いのにおばあさんのような体が出来上がってしまうだけです。



朝食はしっかりがっちり時間をかけて食べてください。

起きてから御昼までの午前中の数時間は、一日の中で最も基礎代謝が活発になる時間帯です。

朝食を抜くようなダイエットをすると、空腹に備えて体が省エネモードに入り、基礎代謝量を減らしてしまいます。


炭水化物抜きもご飯(=摂取カロリー)を減らして痩せるということですから、基礎代謝量を減らすダイエット方法です。

基礎代謝量を減らすと、摂取エネルギーの消費がどんどん抑えられてい、来ます。

結果的に、食べなくても太る体質になってしまいますので、朝食や炭水化物を抜くのは逆効果なのです。


また、「塩が体を太らせる」というのは、水分貯留によるむくみとは関係しますが、腎臓が健康な人にはあまり関係ありません。

塩分摂取過剰な人は減らした方が歳をとってからの高血圧の予防になるので良いことなのですが、直接、「痩せる体のしくみ」とは関係のない考え方です。

生野菜しか食べないダイエットなんてもってのほかで、基礎代謝量を減らしますし、たんぱく質や脂質などの必要な栄養不足から健康も失うので、即刻やめるべきです。


では、どんな食事メニューがいいのでしょうか?


⇒ 脂肪の燃える身体を作る食事メニューを見てみる


健康第一、それに自然についてくるスリムが第二です。

スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

細胞一つ一つの基礎代謝量を上げるふだんの食事メニューを



外食ばかりでコントロールすることは残念ながら難しいのですが、朝ご飯と、できれば昼か夜のどちらか、一日に食のメニューをきちんと考えて作ることで、あなたの身体は燃え易いものに変わります。

言わば体の内部からの革命で、エネルギーの燃え易い身体を作ろうと言うわけです。

本来、山が多くて穀物も自然には取れなかった日本と言う島国に住んでいた我々の祖先は、食べるものがない状況に耐える身体を持つ必要がありました。


そのために、日本人の新陳代謝は欧米人に比べればかなり低く抑えられていて、豊かになっても脂もあまり好まない食生活を送ってきました。

しかし、この60年ほどはすっかり欧米の食事に慣れてしまい、高脂肪の肉製品を好むようになりました。

このために、我々は簡単に体重が増える様な食生活を送っています。


そんな現代社会にあって、今、熱い注目を浴びている「モデ痩せ」の登場です。

一体「モデ痩せ」と言うダイエットノウハウの一体、何処が優れているのでしょうか。


それは、優れた体質改善効果にあります。

「モデ痩せ」では、基礎代謝量の高い身体づくりを目指します。

その結果、食べた物を効率よく消費、燃焼させて身体に脂肪として蓄えないのです。


また、それだけではなくて、過去に蓄積してしまった落ちにくかった皮下脂肪も、「モデ痩せ」開始と共にどんどん燃焼させて落とすことが可能です。

このおかげでいくら食べても太るばかりか、どんどん細くなるという夢のような効果をも生み出しています。


モデ痩せのキーポイントは、基礎代謝量のアップ。

身体全体の細胞を活性化した結果、食べた物のカロリーを使い切って、さらに、始める前以上に健康度を向上させる事すら可能なのです。


「モデ痩せ」で本当にそんなことが可能なのかどうか、まずはこちらをご覧ください。

⇒ 脂肪の燃える身体を作るメニュー


燃える身体さえ手に入れてしまえば、少々の食べすぎは怖くありません。

思う存分、美味しい食事とワイン、素敵な恋人との幸せな夜の会話を、安心して楽しんで下さい。



ファッションモデルのような体型になる

自己流ダイエットをすると危険な理由

「モデ痩せ」ライフを実践

運動をしなくても食べるだけで痩せられる方法とは

余分な脂肪を燃焼させるには

基礎代謝量を上げる方法

オレンジとオレンジ・スイート

テーマ : 健康的なダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

カロリーの摂り過ぎ(食べすぎ)だから肥満しているとは限らないと言う事実


仕事が残業ばかりで毎日帰りの遅い忙しい方や、若い一人ぐらしの社会人を中心に、外食をメインにする人が増えています。

外食をメインにする人たちには太っている人が多いのは確かですね。

自分でその選択をしておいて、口を揃えたように「外食がカロリーが高いから太ってしまった」と言っているようですが、自業自得ですよね。



不況と言うこともあって外食や弁当には安いけれども栄養価の高い食材を使い、さらにそこに油を使って加熱調理したものが良く出てきます。

外食に油を使ったカロリーが高い料理が多いのは当然と言えます。

というのも、最近の研究で、人間は油の味覚を好み、脂身の多い料理を口にすると満足する傾向が高い事が分かっているのです。


つまり、油の味が明確な方がごちそうだと感じてしまうのですね。

サシのいっぱい入った肉が高級肉とされる松坂牛なんかその典型ではないでしょうか。

逆に、健康志向で油を抑えた結果、食べ応えが無い料理になれば、客は正直ですから店の売れ行きダウンにつながってしまいます。


作る側も安い材料で必死に客の満足を得ようとしますから、油をよく使います。

ラーメンに浮いた豚の脂身しかり、肉汁滴り落ちると言いながら脂身をたっぷり混ぜたハンバーグしかりです。

結果的にたくさんの脂身で味を調えた高カロリーの料理にせざるを得ないと言うわけです。



でも、スリムボディが欲しいのならちょっと考えてみてください。

食べる側で脂身の入った高カロリー食品に対する知識を持って、脂身は取るものの、それをどんどん燃やすような体を用意しておけばどうでしょうか?

それができたら、食べすぎの肥満を気にする事無く、豚の脂の味が乗った外食や好みの食事を楽しめるのではないでしょうか。


でも、それ、どうしたら手に入るのでしょうか・・・。

答えは下記にあります。


⇒ 豚の背油を燃やして消費♪


脂の取りすぎを気にして食事を味気なくするよりは、油を食べても太らない身体を作ってしまいませんか?

モデルさんの身体と同じ、新陳代謝のとてもよいスリムボディをまず作ってしまいましょう。



ファッションモデルがなぜ細いのか?

細い体型を40代過ぎても維持できる秘密

欲しいのはslimbody

吉永小百合さんの身体を手に入れる

痩せたかったらしっかり食べろ!

燃えろ体脂肪!

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

slimt

Author:slimt
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。